手足や顔のしびれで悩んでいる人がいるかもしれません。それは体の不調のサインからもしれませんから、早めに医師にかかったほうが良い場合もあります。

しびれが肩に現れたら

しびれの症状が肩に現れる事は多くありますが、肩コリの延長だと考えていませんか?

肩に現れるしびれを余り重要視していない方も多いですが、それはとても危険な事なんです。

確かに肩コリであれば、肩の周りを解して血流を良くすれば改善する事が出来ます。

ですが、しびれや肩コリの原因が脳障害や頸椎の障害から来ている場合、肩コリを解すためのマッサージは、悪影響を与えてしまうかもしれません。

>> 自宅で出来る頚椎症・頚椎ヘルニアの改善プログラムはこちら

しびれや肩こりが長時間続いていないようなら、それ程心配する必要はないでしょう。

ですが、常にしびれやコリがあり、中々改善されないようなら姿勢や血流が原因でない可能性があるので、病院で受診しましょう。

他にも、目を酷使したり視力が低下する事で首や肩、目に疲れが出て、その疲れが手や腕に現れしびれに繋がる事もあります。

この場合なら、目の疲れを取る事でしびれやコリを改善出来る事もありますが、肩に症状が現れると疲れや肩コリと判断してしまい、肩コリ対策だけを行う方が多いです。

ですが、目の疲れや肩コリ対策で対策をしても、しびれや痛みが残る場合は、疲れが原因でないと考えてよいでしょう。

正しい診断を受ける為にも、どんな病気でもあれ、共通して言えるのは自己判断は危険ですよ。

>> 肩こりや手足のしびれにナボリンS