手足や顔のしびれで悩んでいる人がいるかもしれません。それは体の不調のサインからもしれませんから、早めに医師にかかったほうが良い場合もあります。

変形性頚椎症で現れるしびれの症状とは

変形性頚椎症とは、頸部変形性脊椎症の事を言います。

歳を重ねる事で頸椎が老化し、しびれ等の症状が現れます。

この頸椎の変形ですが、20歳を過ぎたあたりから始まると言われています。

自覚する事は殆んどありませんが、40歳を過ぎる頃から自覚症状が現れる方もいらっしゃいます。

変形性頚椎症は、腕や肩、首などに痛みやしびれの症状があらわれ、時間が経つにすれ症状も進行してしまいます。

首の後ろの痛みや肩こりから、変形性頚椎症が始まります。

そして、痛みと一緒に左右の腕や肩のどちらかに痛みが広がります。

更に、ある角度に首を動かすと余計に痛みが増し、首を動かすのも難しくなってきます。

この時ですが、手首から肘にかけてしびれの症状が現れる事もあります。

中には、指先の感覚が鈍くなり、手を使う作業に支障をきたす事もあります。

このような事を神経根症状と言い、症状が進行するとしびれも強くなります。

また、知覚も弱まるので筋力も低下してきます。

指や手が変形する事もあり、これ以上症状が進行すると、脊髄症状が現れ歩けなくなる方もいらっしゃるそうです。

変形性頚椎症ですが、整形外科で治療する事が出来ます。

また、脳神経外科でも治療を行っていくれる所もあるので、気になる症状があるかたは一度受診して下さい。

>> 自宅で出来る頚椎症・頚椎ヘルニアの改善プログラムはこちら