手足や顔のしびれで悩んでいる人がいるかもしれません。それは体の不調のサインからもしれませんから、早めに医師にかかったほうが良い場合もあります。

椎間板ヘルニアで現れるしびれの症状

椎間板ヘルニアは20~30代の男性に多く見られる病気で、しびれや痛みが伴います。

中には、ぎっくり腰が切っ掛けで椎間板ヘルニアを発症する方も多いですね。

ぎっくり腰は良くある症状なので、軽く見ている方も多いでしょう。

ですが、ぎっくり腰は慢性化し易く、症状が重くなると日常生活に支障が出てくる怖い病気です。

痛み以外にも、筋力が低下したり、脱力感やしびれ等も起こります。

さて椎間板ヘルニアですが、頸椎と腰椎の2種類があり、多いのは腰椎ヘルニアです。

椎間板ヘルニアの場合、急性のぎっくり腰から慢性化する事も多く、慢性化する前には何かしらの対処をする事が大切です。

慢性化してしまうと、手足にしびれの症状が出たり、常に鈍い腰の痛みが出たり、更に腰だけでなく、臀部から太ももの後ろやつま先まで痛みが出るような坐骨神経痛の症状が現れてきます。

そして坐骨神経痛が起こるようになると、咳やクシャミをしただけで強い痛みを感じるようになってしまいます。

日常生活にまで影響が出てしまうので注意が必要です。

椎間板ヘルニアと症状が似ている病気にも色々ありますが、足や腰痛にしびれがある方は整形外科を受診しましょう。

整形外科で検査を受ければ、椎間板ヘルニアか他の病気か判断する事が出来ますよ。

>> 自宅で出来る頚椎ヘルニアの改善プログラムはこちら