手足や顔のしびれで悩んでいる人がいるかもしれません。それは体の不調のサインからもしれませんから、早めに医師にかかったほうが良い場合もあります。

しびれの症状で処方される薬

しびれの症状が現れる病気は、数えきれない程沢山あります。

もちろん、病気によって処方される薬も違うので、自分のしびれがどの病気と関係しているのか分からない時に、自己判断で薬を服用するのは危険なので絶対にしないで下さい。

痛みやしびれが一時的に納まっても、根本的に治癒した訳ではないです。

隠れた病気が深刻な状態にまで進行してしまうなど、最悪の場合も考えられるので、診察を受けてから処方された薬を服用して下さい。

さて、しびれに対して処方される薬にも幾つか種類があります。

血流が悪い事で現れるしびれには末梢循環改善薬、末梢神経障害によって現れるしびれにはビタミン薬、精神疾患から現れるしびれには抗うつ薬、炎症による痛みやしびれの症状には消炎鎮痛剤、等が処方されますが、元の病気を改善する薬がしびれを解消する方法になります。

ドラッグストア等で販売されている薬は、強い薬が多いと言われ、勝手な自己判断で痛みやしびれに利くからと市販薬を利用するのは、病気を深刻な状態にしてしまう可能性があります。

もしも薬を利用して、症状がひどくなる場合は、病院を受診するようにして下さい。

>> 首・肩・腰・ひざの痛みをなんとかしたい!