手足や顔のしびれで悩んでいる人がいるかもしれません。それは体の不調のサインからもしれませんから、早めに医師にかかったほうが良い場合もあります。

しびれと頸肩腕障害の関係性

打鍵作業従事者の方で、痛みやしびれに悩まされている方は多いでしょう。

打鍵作業とは、タイピストやキーパンチャー等の腕を浮かせた状態のままで肘や手首の関節を一定の角度に曲げ、首を前に傾けた状態で手や指などを頻繁に動かす作業の事を言います。

長時間同じ筋肉を酷使する事で、その筋肉だけに疲労が溜まり、コリや痛み、しびれを感じるようになります。

始めの頃は、作業中に休憩を取る事で改善されていても、披露が蓄積されると回復出来なくなり、常にしびれ等の症状に悩まされるでしょう。

このように、しびれやコリ、痛みなどの症状が全く改善されなくなった状態を「頸肩腕障害」と呼びます。

手首から肘、肩から背中までに痛みやしびれ等の症状が現れますが、痛みやしびれ以外にも冷感を伴う事があります。

整形外科を受診する事になりますが、特効薬などの薬がある訳ではありません。

診察を受けると、職業等を聞かれます。そしてX線検査で異常が確認できず、しびれ等の症状がある他の病気の疑いがなければ、頸肩腕障害と診断されます。

筋肉の費用が原因で起こる病気を改善する方法としては、酷使している筋肉を休ませる事が大切です。

そして、超音波やホットパックのような温熱療法も有効ですよ。

>> スウェーデンの伝統的な自然療法ホットパック

相互リンクのご案内