手足や顔のしびれで悩んでいる人がいるかもしれません。それは体の不調のサインからもしれませんから、早めに医師にかかったほうが良い場合もあります。

しびれの原因に末梢神経障害が考えられる場合

痛みやしびれ等を引き起こす末梢神経障害ですが、末梢神経は脊髄から枝のように分かれている神経の事です。

その末梢神経ですが、左右対称に分布しています。

末梢神経は体の隅々まで行きわたっていますが、これに不具合が生じると筋力低下やしびれ、痛みなどの神経障害が現れます。

この事を末梢神経障害と呼び、末梢神経の傷の修復なら、これがオススメ

症状ですが、障害が起こる末梢神経の場所によって違います。

感覚障害や温痛覚になると、痛みやしびれ等を感じ、自律神経が障害を受けると立ちくらみや吐き気などの症状が現れます。

他にも、運動障害になると筋力が低下する症状が現れます。

末梢神経障害に一番多いのが多発性神経炎ですが、これは左右対称の部分にしびれ等の神経症状が起こります。

末端部分から身体の中心にむかって症状が移行する病気なので、注意が必要です。

この末梢神経障害の圧迫により起こる時ですが、補足性ニューロパチーと呼ばれています。

そして、末梢神経障害が代謝の異常から起こっている場合は、代謝性ニューロパチーと呼びます。

例えば、ビタミン欠乏による糖尿病性末梢神経障害や末梢神経障害が代謝性ニューロパチー、末梢性顔面神経麻痺や正中神経麻痺、尺骨神経麻痺が補足性ニューロパチーとして広く知られていますよ。

末梢神経の傷の修復ならコレね

相互リンクのご案内